最新の投稿
鏡を見ている女性

ニキビが気になるのであれば、洗顔について見直すことが必要です。洗い方を間違えてしまうとバリア機能の低下を招き、かえって乾燥肌になってしまうことで毛穴詰まりが起きやすくなります。毛穴の詰まりはニキビの原因になりますので、乾燥を招かない荒い方や保湿を早めにするといった対策が必要です。

肌は思っているよりもデリケートです。ニキビが出来ている肌を乱暴に扱ってしまうのはよくありません。トラブルがあるときや起きやすいときには、やさしく扱うほうが賢明です。洗うという作業は思っているよりも肌に負担をかけています。ニキビが気になるのであれば、洗顔料から見直してみるとよいです。

トラブルがあるときには、刺激の少ない洗顔料を選ぶほうが安心です。必要以上に奪わない、マイルドな洗顔料を使って不要なものを優しく落とすのが基本となります。清潔にすることと保湿を早めに行うことでバリア機能を回復させるとよいです。

清潔にすることはとても大切です。手から汚れが肌にうつると不潔になりますので、手を清潔にすることもトラブルを改善するためには大切になります。顔を洗う前に手を洗って清潔にしておくと汚れを肌に擦り付けるようなことが避けられます。また、気付かないうちに手で顔を触ってしまう方は多いです。常に手を清潔にしておくことはトラブル改善に効果がありますので意識しておくとよいです。

顔を洗うときには、ぬるま湯による予洗いを行います。ここで落とせる汚れは落としておきましょう。予洗いで手が汚れてしまったら、石鹸で手を清潔にします。それから洗顔料を手に取り、泡を立てていきます。たっぷりの泡で洗うほうが、肌へ負担をかけることなく洗うことが可能です。肌を傷付けないように、たっぷりの泡を使ってやさしく洗うようにしましょう。

洗い終わったら、ぬるま湯を使ってしっかりとすすぎます。肌に石鹸カスなどが残ってしまうとトラブルの元です。やさしく洗うのはもちろんですが、すすぎ残しはいけません。肌にとって不要なものが残らないようにしっかりとすすぎましょう。

洗い終わったら清潔なタオルで水分を拭き取り、早めに保湿します。乾燥肌は毛穴詰まりが起きやすいため、保湿は重要です。毛穴詰まりが起きるとピーリングなどの対策がしたくなりますが、肌を乱暴に扱うとバリア機能を低下させるのでよくありません。ピーリングはなるべく避け、どうしても行いたいときにはやさしく出来る方法を選んで間隔を空けて行うようにしましょう。

肌に触れるお湯の温度にも注意が必要です。熱いお湯はバリア機能を低下させて乾燥を招きます。洗顔に使用するお湯の温度はもちろん、シャワーや湯船についても注意が必要です。正しく洗っているつもりでも、熱すぎるシャワーや湯船により乾燥肌を招く恐れがありますのでお湯の温度管理には注意するとよいです。

肌にとって必要な皮脂や水分まで奪わないようにするには、洗浄力の高すぎる洗顔料や熱いお湯はよくありません。理想とされるお湯の温度は38度から40度程度のぬるま湯です。蒸しタオルを使って汚れを浮かせているという方は、その温度にも注意しましょう。適度に冷まして肌に負担をかけない状態で使用するのが望ましいです。

洗顔は落としすぎも落とさなすぎもよくありません。汚れの種類に合ったものを使用してキチンと落とすことは大切です。メイクをしたらクレンジングを使用するなど、汚れの種類に合わせた適切なものを使用します。クレンジングを使いたくないなら、洗顔料のみで落とせるようなアイテムを選んで使うなど正しい選択をしましょう。

ニキビ用洗顔料や化粧水など専用のスキンケアコスメは肌への負担が大きい場合もあります。肌の状態を見ながら低刺激のものと使い分けるなどの工夫をするとよいです。