ケアだけじゃ治らないニキビにはクリアウィンがある!

2019年12月15日
微笑む女性

スキンケアをいくら行っても治らないニキビの場合には、クリアウィンによる治療を試してみるとよいです。クリアウィンは炎症を起こしているニキビの治療薬です。ダラシンTゲルのジェネリック医薬品ですから安心して使用することができます。

生活習慣や食生活の変化、ストレスの多い社会的な背景などによりニキビが出来やすいという方が増加しています。仕事などの関係で悪い生活習慣と分かっていても、すぐに変えられないという方もいらっしゃいますので効果的な治療は必要です。そんなときにクリアウィンは活躍してくれます。ニキビの元になるアクネ菌やブドウ球菌といったものに対して高い殺菌効果があり、治療薬として使うことができます。

先発医薬品のダラシンTゲルと同じように、化膿性炎症を伴うものに関しても治療することが可能です。ジェネリック医薬品ですから先発医薬品よりも安いというメリットもあります。治療はしたいけれど予算は抑えたいという方にもメリットの高い治療薬です。

使用する上で注意点もありますのでしっかりと守って利用しましょう。クリアウィンはニキビを治療するための医薬品であり、スキンケアを行うためのコスメではありません。顔全体に使ってしまうのはよくありませんので、必要な場所にだけ使用します。医薬品ですから、副作用が出たり、症状が悪化するなどした場合には速やかに使用を中止して医師の診断を受けましょう。

治療薬ですから、クリアウィンだけ使えばよいというわけではありません。洗顔と保湿という基本的なスキンケアを行いながら必要なところに使用するのが正しい使い方です。間違った使い方でかえって悪化させないように注意が必要です。

クリアウィンには、抗菌成分であるクリンダマイシンに加えて美白成分であるニコチンアミドが配合されています。そのため、炎症を起こしたニキビの改善とシミの予防を同時に行うことが可能です。ニキビは色素沈着を防止しないと痕が残ってしまいます。抗菌と美白の効果があるクリアウィンであれば、ニキビによる炎症の改善とその後の色素沈着の防止を行うことができます。

今ある炎症を起こしたニキビも治したいし色素沈着も避けたい、という方はクリアウィンを使うとよいです。抗菌効果と美白効果の両方があるからといって、必要のないところにまで塗るのはよくありません。あくまで医薬品ですので、必要なところにだけ塗りましょう。

副作用については殆どありません。しかし、肌が弱い方は刺激を感じる場合があります。赤みやかぶれが起きる場合もありますし、アレルギーをお持ちの方は合わないということも考えられます。正しく使って異変があったときには速やかに対処することが必要です。

また、クリンダマイシンと同じ抗生物質であるエリスロマイシン製剤を併用すると、効果が十分に得られないことがあります。併用する医薬品によっては影響がある恐れがありますので、既に使用しているものがあれば事前に医師と相談するほうが賢明です。