最近増えてきたアーユルヴェーダ療法ってなんなの?

2020年06月01日

ニキビの治療にアーユルヴェーダ療法を取り入れるという方法もあります。アーユルヴェーダ療法とは、インドで生まれで世界的にも歴史の古い医療のひとつとなっています。3千年以上前にインドで発祥したもので、インドにおいては現在伝統的な健康管理のシステムのひとつです。

薬草療法や食事療法といったものや生活習慣により行われます。歴史のある療法のひとつではありますが、現代の西洋療法としては研究が行われているとはいえません。アーユルヴェーダでは、身体を浄化させる、活力を回復させるといったことが行われます。アーマと呼ばれる毒素が体内に溜まっていて、それが原因となって体調不良を招いているという考え方のうえに立って治療が行われます。

体内に溜まった毒素を特定部位に集めて排出されることにより健康を維持する、活力を回復させるという療法です。の毒素を集めて、そこから蓄積した有害物質を体内から押し出すことです。いったん身体が浄化されると、活力回復の恩恵を享受できる状態になって、永続的に健康状態を維持することが可能になります。

アーユルヴェーダにはオイルマッサージやサプリメントを使ったやり方があります。インドやスリランカでは国家資格が認められている療法であるため、内容によっては民間療法の域を超えた知識も必要です。サプリメントやオイルマッサージなど輸入通販で購入することも可能ですが、国家資格を持った方が携わる必要があるものという意識も必要です。ハーブだからといって副作用などの危険性がないというものではありません。

輸入通販を利用してハーブやサプリメント、マッサージオイルなどを購入しようと思った時には、副作用の危険性についても調べてから利用するほうが安心です。

専門的な知識が必要なアーユルヴェーダ療法ですが、日本でも本格的な施術を受けることは可能です。技術を習得するスクールなどもありますし、専門のサロンなどもあります。日本で本格的な施術を受けたいと思っているのなら、専門のサロンを利用するとよいです。アーユルヴェーダ療法は生き方そのものに関わる精神面や生活面の指導なども含まれます。予防医学の考え方に立ち、病気になりにくい心身を作り健康を維持するという指導を受けることができます。

単純に施術を受けるというものではなく、本格的なものになると運動や食生活、人間関係など幅広いアプローチが必要です。ニキビや乾燥肌などは生活習慣も関係してきますので、適度に良いとこ取りをするということもできます。良いところだけを生活に取り入れるには、副作用の危険性のない範囲で取り組むほうが安心です。

アーユルヴェーダ療法をニキビ改善に取り入れたいなら、専門的な施術についてはプロを頼ったほうが賢明です。輸入通販でハーブのサプリメントなどを購入する際には、慎重に行いましょう。危険性のない範囲で取り入れることで、ニキビや乾燥肌の改善のサポートに利用できます。